公開日2019.06.28
最終更新日2019.06.28

マリンピア日本海のイルカ 7月中旬ベビー誕生予定!まもなく産休へ

マリンピア日本海のイルカ 7月中旬ベビー誕生予定!まもなく産休へ
公開日2019.06.28
最終更新日2019.06.28

マリンピア日本海のイルカ 7月中旬ベビー誕生予定!まもなく産休へ

「新潟市水族館マリンピア日本海」のカマイルカの1頭がまもなく出産を迎えます。

昨年9月頃に妊娠が分かり、出産予定は7月中旬。出産の兆候がみられ次第、屋内プールでの観覧やイルカショーの中止が予定されています。

「マリンピア日本海」には、カマイルカのオス1頭、メス3頭、ハンドウイルカ3頭の計7頭のイルカが暮らしています。

今回妊娠しているお母さんイルカは、年齢23歳(推定)のカマイルカ。[写真1枚目]
2015年に石川県沖からマリンピアにやってきました。「○○ちゃん」と言いたいところですが、名前はないようです。

お父さんイルカもまた年齢23歳(推定)のカマイルカで、2001年に新潟にやってきました。推定同い年カップルですね。

カマイルカの妊娠期間は約10ヶ月。無事出産を乗り越え生まれてきても、赤ちゃんイルカが順調に育つとは限りません。

呼吸や授乳の困難など命に関わる様々な高いハードルがあるため、これまで国内の水族館で生まれて大人まで育ち上がったイルカは2割程度とのこと。

万全を期して環境を整え、出産が近づくと24時間体制で観察。産後はお母さんイルカも水族館のスタッフも懸命に赤ちゃんをケア。それでもなお成育率が2割というのは、仔の命を繋ぐことがいかに難しいかが分かります。

現在イルカショーは通常通り行われていますが、出産の兆候が見られた時点でイルカショーは中止。仔育てや赤ちゃんの安全を優先し、ショーの再開は親仔の状態を見ながら検討するそうです。

今年の夏はイルカショーは見られないかも。けれど赤ちゃんイルカに会える日を楽しみに、まずは無事生まれ元気に成育してくれることを祈りましょう!


■新潟市水族館マリンピア日本海
住所:新潟市中央区西船見町5932-445
営業時間:9時〜17時※券売最終は閉館30分前
TEL:025-222-7500
アクセス:新潟中央ICから車で約25分、JR新潟駅から車で約15分

画像提供/新潟市水族館マリンピア日本海
この記事を書いた人
wanco

穏やか犬とやんちゃウサギ、思春期男子に揉まれる新潟っコ。活力源は帰宅直後にキッチンで飲むビール。一人旅、一人映画、一人ライブ、一人ラーメン、一人ランチ、孤高の街レポをお届けします!

注目記事ランキング

ログインして
もっと便利に!